正しく使うことが大切!トイレタンクの水漏れ修理になる前に予防しよう

トイレタンクの修理は業者に依頼すると速やかに解決

トイレタンクの水漏れを予防する方法

トイレタンクの水漏れを防ぐには、普段から予防対策を行なっておくと良いでしょう。具体的にどのような方法で対策を行なえば良いのか見てみましょう。

トイレタンクの水漏れを防ぐために

トイレタンク内に入れる洗浄剤に注意しましょう。使用する洗浄剤によってトイレタンク内の部品と干渉したり引っ掛かったりして、水漏れトラブルを招くことがあります。タンク内に異物を入れてもいけません。節水のためにペットボトルなどを入れる人も少なくありませんが、トイレタンクを正しく使う観点からすると、避けたい行為です。故障して本来の機能が失われると、水漏れが起こり修理費用も高くつくでしょう。

タンクの結露にも注意

トイレタンクが濡れている場合は、水漏れも考えられますが結露が原因かも知れません。トイレ内空気中の水分が、タンクの表面で冷えることで結露が起こります。量が多いとトイレの部品や床を傷めてしまうので、トイレ環境をこまめにチェックしましょう。

止水栓の閉め方を知っておこう

トイレタンクの水漏れが発生した場合、水漏れ修理を業者に依頼する前に、応急処置として止水栓を閉めることが大事です。万が一のときに備えて、止水栓の閉め方を知っておくと良いでしょう。そして、水漏れ修理を行なっている業者も確認しておくと安心です。

止水栓の閉め方について

止水栓の位置を確認

タンク密結便器の「フィルター無し止水栓タイプ」と「フィルター付き止水栓タイプ」は、便座横の給水フレキホースに止水栓が付いています。ネオレスト系便器の場合は、便器下部に止水栓が隠れているので、見てみると良いです。

止水栓を閉める

タンク密結便器の「フィルター無し止水栓」は、マイナスドライバーで閉めます。「フィルター付き止水栓」では、内側の溝だけをマイナスドライバーか専用の開閉工具で閉めます。ネオレスト系便器の止水栓は、手で閉めます。

合わせて知っておきたい止水栓の調整方法

止水栓が調整されていれば、他の部分に故障があってもタンクから水が溢れ出ることを抑えられます。逆に止水栓が調整されていないと、排水管から排水される水量よりもタンクに供給される水量の方が多くなり、タンクから水が溢れ出ます。浮き球を手で下まで押し下げて、止水栓をゆっくり開けていきましょう。こうすることで、タンク内の水位を調整できます。対処後は、水漏れ修理を行なっている業者にきちんと直してもらいましょう。

TOPボタン