トイレタンクの劣化は水漏れ修理よりリフォームが有効!?

トイレタンクの修理は業者に依頼すると速やかに解決

そもそも何故タンクから水漏れが起こるの?

トイレ

トイレのタンクから水漏れが発生するのは一体何故なのでしょうか。水漏れ修理業者に依頼する前にまず原因をしっかり把握しておきましょう。

トイレタンクの水漏れが発生する原因とは

トイレの床が濡れているときに思うのが、どこから水漏れが発生しているのかです。水漏れだと直ぐに分かる場合は、タンクとパイプ、パイプと水道栓の接続部分に原因があります。こうしたケースでは、比較的原因を特定しやすいので修理と対策も取りやすいです。タンク内で「水を止める仕組み」がうまく機能していない場合は、水が便器内に流れていくので原因を特定しづらいでしょう。

トイレタンクの水漏れが起こった場合にすべきこと

トイレタンクの水漏れを発見したら、まずは水道の元栓を閉めることです。水が漏れ続けていると他の部分に被害が広がる恐れがあります。水道の元栓をしっかり閉じてから、業者に水漏れ修理を依頼しましょう。どの部分に異常があるのか現状を把握しておけば、現地調査のときもスムーズです。

老朽化が激しいときはトイレリフォームがオススメ

年月の経ったトイレはタンクだけでなく、様々な部分が老朽化しており他にも不備が出てくる可能性が高いです。そんなときは、トイレリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

トイレリフォームを行なうメリット

トイレに不具合が生じた場合は、本体ごと取り替えた方がお得なときもあります。最近のトイレの設備は進化しています。旧式のトイレを使い続けるよりも水道料金を抑えられ快適さも得られるからです。トイレタンクの不具合などで修理が必要になったときは、専門業者にアドバイスを求めましょう。トイレは常に使うところなので、経済面と機能面をしっかり考えた方が良いです。

様々なトイレの種類

組み合わせ型
タンクと便座、便器が分かれているタイプです。故障が起こっても壊れた部分だけを交換することができるので、費用対効果に優れています。
タンク一体型
継ぎ目がないので掃除がしやすく、すっきりしたデザインになっています。便器と便座が一体になっているので、一部分が壊れた場合は修理はできても交換ができません。
タンクレス
タンクがないため、水道直結方式で連続して水を流せます。コンパクトなので掃除がしやすくトイレを広く使える点もメリットです。
TOPボタン